忍者ブログ
まずは右下カテゴリーの 「お知らせ」 をお読みください。
January / 20 Sat 23:29 ×
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

August / 01 Fri 03:31 ×

やっぱり、この前から随分時間がたってしまいました。
何回かがんばって更新しようとは試みたものの、学校の忙しさに流されてしまいましたorz
さて、その学校も、試験がやっと終わりましたww
いや~、燃え尽きました(笑)
大学という今までにない場所でのはじめてのものだったので、緊張しぱなしでしたが、がんばりましたw
そんなこんなで、ただいまですww
更新がやんでいる間、何回も拍手が来ていて、感激してしまいましたww
ほんとうに、ありがとうございますww

さて、今回も紹介させていただいちゃいますww
*詩文*~コギ~
○殻
私を守っているものはいやおうなく消え去っていくって感じですかね。
これを書いているときは、なぜか無心でした。
自分の浮き足立った感じが怖くて、私は常々生まれる場所を間違ったんじゃないかと思うときがあるんです。
それを表したかったものです。
○私と旅人
これは衝撃でした。
映画「ハプニング」を見たのですよ。心臓の弱い方やスプラッタが苦手な方はやめておいたほうがいいです。
ええ、これは、本当に、気が狂うかと思いました。
なにせ、映画中、ずっと人が自殺していくのですから。
そんな映画の感想的なものですね。
○慣れ
どんなに傷つけられたとしても、それにどんなに自分がなれていたとしても。
「またか」と思っていても、必ずどこかでまた痛み出しているんですよ。
心の痛みは、一生、慣れないものではないでしょうか。
といった、メッセージですww
○言葉とココロ
これは私のことです。
私の文章は、よく「素直」だと、高校の先生や、面接とかで言われたりするのですが、いかんせん、言葉が不器用で。
やんわり伝えたいのに、冷たかったり、きつかったり、傷つけてしまったり。
相手の顔をみて、ああ、伝わっていないと思っても、もう、取り返しがつかなかったり。
「そうじゃないんだ」私はよく、この言葉をココロで、繰り返す羽目になってしまうんですよね。
○キレイゴト
傷つくことが成長に。傷は時間が。それはあながち間違っていませんが、私は、そこから動けなくなってしまって、いくら時が過ぎようとも、傷がいえたとは感じないのです。
だから、キレイゴトと思ってしまう。それを信じたいのに、出来ないのです。
そんな、ちょっと、この言葉を憎くおもっている私の心境。

~僕~
○ふとした瞬間
これは、思い出して苦悩している女の子の話。
彼の時計は止ってしまったのに、私の時計はなぜ動くの?
そんな、哀しみ。
○否不変
砂時計のイメージです。不変なものなんてなくて、私もあなたも、時は進む限り、変わらなければならないって感じですかね。
出来れば、変わってしまわないでほしいこともあるのですね。

~散り~
○足りない
ココロには、少しだけでも隙間風が吹いているようで、周りにたくさんの人がいても、急に孤独に感じるときがあるんです。
何かが足りないか、解らない。
もしかしたら、何かが足りないんではないのかもしれない。
そんな堂々巡りの思考の一片。
○無言の心地よさ
きっかけは、親友との電話でしょうか。ただ、無言でいるだけで、相手が暗に伝えようとしていることが解るっていうか、なんだかよく言い表せない感情が生まれたんです。
それを、書いてみましたww

では、また、いつぞやになるか・・・。
出来れば、8月の28日、サイト開設二周年には、また、ここに更新が出来たらなと思っております。
企画も考えたのですが、今回はあまりにも突然になってしまいますので、再来年に、出来たらやりたいなと思いますww
来年は編入試験を考えているので。

では、夏風邪や夏バテにお気をつけくださいませ。ノシ

PR
May / 05 Mon 22:01 ×
久々になってしまいましたが、やっと更新することが出来ましたww
いや~、長いようで、短いような期間でした・・・。

さて、では、作品解説ですww
*記憶*
○紅葉
下賀茂神社の糺の森で撮影。
若い紅葉の葉っぱが重なり合って、とっても可愛かったのでww
ちなみに、昔、遣り水でもされていたのか、本流から外れた小川が下に流れていました。
とっても、冷たくて、神聖な感じがしましたww

*詩文*~コギ~
○衝動
なんでしょうか、とても幸せそうなものや、きれいなものを見ると、心の奥で壊したくなってしまうのです。
それが、たとえ自分の幸せでさえ、そう思ってしまいます。
ひどく、汚く感じていたのですが、ミクシィのコミュで似たようなものを見つけたので、
案外、人ってこういうことを常々思ってしまうものなのかもと、書いてみました。
○私と菊とあなた
更新できない間に、私の愛していた人の命日も過ぎ、少し感傷に浸っていましたときのもの。
この想いは、いつになったら、落ち着いてくれるのか。
いつになったら、私はあの人から他の人へ目を向けることが出来るのか。
自問自答ですね。
○不動
私の中で時々起こる、無感情の期間に、雨に打たれたときのお話。
みんな急ぐのに、私はただ歩いていて。
何にも考えられないんですよね。
ぼーっと、ただ、あるくだけ。そのときに感じたことをちょこちょこと。

~僕~
○別れ
お葬式の話です。
私だけが、必死で、周りはあまり関心のないように感じたときがあって。
なぜなの?って。
そんな感じの詩です。
○手紙
これは、下宿先の親友に手紙を書こうとしたけど、出来なかったことで。
初めてだったので、すっごく恥かしかったんですよね;;
○サイン
これは、ニュースを見てるときだったかな。
少年犯罪のことを解説されていて。
すこし、思ったことを・・・。

~散り~
○弱音
はきたいときもあるんですよね。
そういうとき、甘えられる人の存在って、大切だなって実感です。
○イヤホン
私の、雷がなったときの対処法。(笑)

解説はこんな感じで書いていきますが、私は詩の先を見てくださっている方々に感じてほしいと思っているので、読んでも、読まなくても、どちらでもいいかなって。(爆)
大切なのは、私の解説より、あなたの心でどう、感じたかですww
よろしければ、感想など下されば、嬉しいですww

では!
また、長い間空けてしまうかもですが、がんばって続けていきます!
April / 20 Sun 16:54 ×
こんにちわww
中々、更新の出来ない日が続いていますが、管理人こと逢歌は元気ですww

はやく、詩をアップしたいのですが、中々時間が見つけられずにいます。
楽しみにしてくださっている方がいてくれるのでしたら、本当に申し訳ないです・・・。
たぶん、GWには時間があると思いますので、がんばって更新いたしますww
本当に放置気味で、一度仮閉鎖も考えましたが、私はこのサイトを閉鎖したくはないと思ったので、せめてもここに何か残しておこうと思いまして。

また、お待たせしてしまいますが、ここを見てくださる方の心に何かを残せる詩を書いていきたいと思います。
帰宅時間を使って、何個か詩を作りましたので、それも載せたいと思いますww

では、簡単でしたが、ご報告でしたww
March / 16 Sun 02:06 ×
記憶を更新いたしました。

○竹
京都の竹林です。
光が差し込んで、本当にキレイでしたww

○屋根
これも京都。
お寺の屋根です。
すごくのどかで、人も少なく、癒されました。

○空
飛行機からパシャリww
雲の上を飛んでいるとわくわくしちゃいますww

○城
ハウステンボスでの写真。
ライトアップした手なので、まだ少し空が明るいです。

○梅
雨に打たれても凛と可愛く咲いていました。
もう、春が近いですねww

以上、五枚!
March / 16 Sun 02:00 ×
こんにちわww
普段は、このページ、私のブログなのですが、こちらに変えてみました。
前載せていたブログは、リンクに張っておりますので、今までどおり、見てやってやってくださいませ。

さて、なぜこちらのブログに変えたかといいますと、
作品のことを少しだけでも、知っていただきたい、わかっていただきたいと思ったからです。
他サイト様では、作品(詩や小説など)のあとにあとがきというような形で残されていますが、
私の作品は、そのさきを考えていただきたいという意味合いで途中で切れているんじゃない?と感じられるものが多数あります。
それを自分でつぶしてしまうかもと今までかけずにいました。
でも、やっぱり、その詩を書いていた時の心情、感情を知っていただきたいと思ったのです。
なので、ここは更新情報&作品詳細という形でやって行きたいなと思います。


作品の感想を、こちらのブログのコメント欄に書いていただけたら、嬉しいですww
ADMIN | WRITE
 
"黎乃 逢歌" WROTE ALL ARTICLES.
忍者ブログ・[PR]
/ PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.